<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
Photo essay

いつもの朝

何が起こっていようとも 朝は来る。 誰の意思にも関係なく 朝は来る。 いつもと同じように・・・・・・・・ NINJA Photo Warehouse

2006年 10月 31日

Photo essay

Labyrinth

自身を疑った たしかに誘惑もあった。 何が正しいのか? それ自身も判らなかった。 でも信じた。 解からないというkimotiを引きづりながら・・・・・ ...

2006年 10月 30日

Photo essay

Fault

どんなものにも弱い部分はある でなければ、本体が耐え切れなくなってしまうから 医学的見地からすると、違う箇所なのだろうけど・・・・・・ それは涙だと信じていたい。 ...

2006年 10月 29日

ガンバレ!吹奏楽部

Namida

去り行く者があり 見送る者がいて 精一杯な音楽がある。 そして、その音楽は 可憐で誠実なNamidaをさそう。 NINJA Photo Wareh...

2006年 10月 28日

ご挨拶

Count down

もうすぐMain siteである”Photo Warehouse" が20000アクセスとなります。 正確には、いつ作ったのかがハッキリしないのですが 最初のトップページに使っ...

2006年 10月 27日

Photo essay

Direct

真直ぐな視点で見るからこそ 人のkokoroに繋がる写真となる。 NINJA Photo Warehouse

2006年 10月 26日

Photo essay

Seriously

『叱る』というのは 相手の為に行う行動。 『怒る』というのは 自分の怒りを相手にぶつけるだけの行動。 そして、『躾』というのは 『叱る』の中に含まれているのだけ...

2006年 10月 25日

Photo essay

Excited

音楽を奏でるうえで ”リズムに乗る” これは至極大事なことであるけども 日常において”調子に乗る”とは 自分のペースを崩すということである。 NINJA...

2006年 10月 24日

Photo essay

kezime

去り行く君へ、kokoroから礼を言い 消え行くinotiへ、育ててもらった礼 そして、今までの迷惑を詫びる。 簡単なようで なかなかできないkezime ...

2006年 10月 23日

Photo essay

Beyond the capacity.

クセや欠点を知り 初めて、モノの限界が判る。 そして、その限界を知るには いうまでもなく、その限界を上回る技量と感覚が 必要となる。 その二つが調和し、初めて性能が...

2006年 10月 22日