Photo essay

あの日のオリオン

期末試験の真っ最中に 親友と2台のバイクで東条湖に行った。 一通の手紙と、一枚の写真だけを持って・・・・・・ そこには、少しぼやけたオリオンが 全てを飲み込むように、大き...

2005年 09月 13日

Photo essay

Glory road

ゴミゴミした街でも 一瞬だけ ほんの一瞬だけ 輝く時がある。 それは、輝いている人達が そこにいる時 そう、その時だけの”Glory road” NIN...

2005年 09月 12日

Photo essay

Sunday

日曜日・・・・・・ その日の朝は、いつも輝いている 当たり前のことだけど、昼となり夜となる そんな日曜日ほど、嫌なものはない。 そしてまた、月曜日が・・・・・...

2005年 09月 11日

Concert

第246回 市民のためのオルガンコンサート(パイプオルガン)

第246回 市民のためのオルガンコンサート(パイプオルガン) 宝塚市立文化施設 VEGA HALL 【オルガニスト 谷藤 晴美】 大阪音楽大学音楽学部オルガン科卒業。 ...

2005年 09月 10日

Photo essay

凡庸とは

同じ時間に起き 同じ時間に家を出る 同じ時間にメシを食い 同じ時間に家に帰る そして、同じ時間に寝る 何時もと同じ事を考えながら・・・・・・・・ 一見詰まらな...

2005年 09月 10日

Photo essay

プレッシャー

この街があって、この家がある。 祖父母がいて、両親がいる。 そして、夫婦がいて、子供がいる。 そうやって生物は子孫を残した。 人間も生物の一員である。 NI...

2005年 09月 09日

Photo essay

風のある日

空の向こうには何があるのだろう えてして人間は、苦しくなると ついそんな事を考えてしまう。 ”宇宙に果てはない”なんて そんな無粋なことは、考えたくない ”空の向こう側...

2005年 09月 08日

Photo essay

The Red Bridge

何気なく見上げた空 おもむろに、どこかへ行きたい衝動にかられる でも行けない 何もかも捨て去り、何のアテもないけど・・・・・ でも行けない ”来年こそは!”と思いながら いつ...

2005年 09月 07日

Photo essay

夏の思い出

暑かっただけの夏? 苦しかっただけの夏? それとも 楽しかった? 嬉しかった? 暑くても、苦しくても、楽しくとも、辛くとも それぞれに存在した、それぞれの夏 N...

2005年 09月 06日

Photo essay

独り佇む

何を思うでもなく この場所にいる 誰を想うでもなく ただ独りこの場所に佇む・・・・・・・ NINJA http://homepage3.nifty.com/ni...

2005年 09月 05日